活動の様子が見られるよ♪こっちものぞいてみてね★

森のだんごむしって?

デンマークで始まった「森のようちえん」と親子が共に成長し合う空間の「自主保育」
ふたつを合わせた野外子育てサークル「野外自主保育」が「森のだんごむし」です。

◆「森のようちえん」ってなに?
 森のようちえんは、デンマークの一人のお母さんが近所の子どもたちを森の中で保育したのが始まりといわれています。園舎をもたず毎日森の中で過ごす独特の育児スタイルが効果をあげ、その後ドイツへと広まり、現在では日本でも活動が始まり注目されています。

◆なぜ自然のなの?
 自然の中で遊ぶ子どもたちの目の輝きは、そこが彼らにとって理想的な場所である証拠。お母さんたちだって、普段よりもゆったりとした気持ちで子どもと向 き合えます。また多種多様な自然は、ひとりとして同じでない子どもたちを、それぞれのペースに合わせてしっかりと受けとめてくれる最高のパートナーでもあ ります。 そんな自然と一体になって遊んだ幼児期の体験は、将来子どもたちが人間らしく生きていくための、強く確かな土台になると私たちは信じています。

◆園舎はないの?
 活動の大半は森の中ですが、全く建物がないわけではありません。山の中の囲炉裏つきの小屋や炊事場なども利用します。自然体験だけでなく、火おこしや炊事など、「生活」も大切な要素だと考えています。

◆「自主保育」ってなに?
 
保護者が交代で当番をしながら、子どもたちの面倒を見合うのが「自主保育」。積極的に保育に関わることで、子どもたちへの良い刺激になると同時に、保護者自身の成長、交流の場にもなります。

◆どんなことするの?
 
子どもたちの気持ちに寄り添いながら活動します。自分でやりたいことを決めて、実行する。子どもひとりひとりが、それぞれのペースと価値観でのびのびと自然を感じることができるような安全な空間を大人たちで確保していきます。


 1日の流れ(ある日の場合)

 9:30   集合 子どもたちは自由あそび
       大人たちは情報交換をする時間。

 10:00  朝の会
       今日、何をしてあそぶかみんなで決めます。
       おさんぽ?やまのぼり?泥あそび?カエル捕り?
       木登り?沢のぼり?畑仕事?それとも・・・・・

 12:00  お弁当(みんなで火を起こし作ることも!?)
       そのあとのんびりタイム。ハンモックで昼寝?クラフトやお絵かき?

 14:00  おやつと絵本
 14:30  おしまい。また明日も遊ぼうね!
       あそび足りない子どもはご自由に♪

こころ繋がるリンク

STAFF紹介

会員になるには?

森のだんごむしって?

最新情報(ブログ)

アクセス&お問合わせ
森林文化アカデミー周辺
地図はこちらをクリック

E-mail:dangomushi-5656@ezweb.ne.jp


お問合せ

E-mail:dangomushi-5656@ezweb.ne.jp

活 動 紹 介